どろろ続編は、時間のできた時に、『後編』として発表します。

つまり、今までのは全て、前編。 そしておそらく、後編のほうが長いでしょう。 読みやすいように、 インデックス作っときますねー。 応援して下さった皆様、読んで下さったみなさま、 これから読んで下さる皆様、 ほんとうにほんとうに、ありがとうございます。 {%ブロっくまあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王家秘伝のレシピが人によって違う???

きむらことりは、2人分の 『とんがりボウシと魔法のお店』をやっている。 きむらことりと、 ちづるだ。 木村琴梨は現在ロイヤルマイスター。 王様に呼ばれて行ってみると、スープの依頼。 『まず食材としてでんせつの魚を使い… 調味料としてつきのしずくを加え… ながれぼしのまほうをかけて3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイクはいいですねぇ。(ミスチル『どろろ』主題歌)

消しちゃってたんですが、 二次創作の連載もあることですし、 アルバムの『HOME』を、 入れてみました。 『フェイク』も入っていますので、ぜひぜひwww 他にも工夫したいです! 今日、できるかにぃ。 なんだかんだ言いつつ今日ももう勉強してるんですぜ★
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学辞めちゃいたい!!!><。!!!でも…

つらいです。 実は、なるべく隠してきましたが、 木村は、病人です。 頭が弱いです。 勉強もまともにできません。 …なはずなのに、できてるのですが。(おい) とにかく頭を使うのは、つらいです。 どれだけつらいかというと、 夜の8時ごろ寝ちゃって、14時間くらい 睡眠とらないと元気になれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジ一年生!

チャレンジしたいことがあります。 それは、私のイラストと漫画を展示するだけの HP作成です。 今、前にやったのが、 途中でほったらかしになっている状態なのですが、 何とか成し遂げて見せてやりたいと思っています。 応援よろしく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しょこたん、ぎざかわゆす~!!!(>w<)www

本日、しょこたんが、スタジオパークからこんにちはに 出演。 イヤあ。見事なはじけっぷりで。 お母様もお若い! 素敵な親子だ二やぁと思ってみていました。 共通点発見! ブログを始めてから、生きてるっていいなぁと思うようになった!!! (ちょびっと暗い発言) だって本当なんだもーん。 で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日は大学の図書館へ行ってきます!

4月5月6月と、 日本史、地理学、書道史のレポートをやった私は、 次には世界文芸思潮を狙っています。 世界の文学です。 今回の問題の一つにある、 ヘミングウェイの小説を、何冊か借りて来ようと思います。 んで、ホットケーキ(200円)も食べてくるのらー。www 飲み物は水でいいからーwww{%顔文…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『どろろ2』(前編)(どろろ二次創作小説)連載第6回~特別編・『初恋』side-S

醍醐(だいご)咲幸(さゆき) この名前は半分嘘でできている。 それを親父が教えてくれたのは、 高校に入る、数ヶ月前のこと。 私は養女である。 この認識を持ったのもその時。 と、同時に。 淡い恋心まで出来上がってしまった。 もともと好きな人だったけど、本来なら、イケない人だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書道史のレポート終了!

図書館利用状況:『書家101』貸し出し中 書家、101人のことが、くわしく載っています。 頭を痛めた書道史ですが、ようやく終わりました。 …8日? よかったよかった 平安時代の『三筆』、空海、嵯峨天皇、橘逸勢について、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『どろろ2』(前編)(どろろ二次創作小説)連載第五回~特別編・『初恋』side-T~

初恋は10歳の時。相手は6歳の妹だ。 妹といっても、血のつながりはない。 僕はそれまで、妹のことを邪魔な奴だと思っていた。 兄さんを独り占めしている厭な奴。 前世でも、現世でも。 僕はその日、公園で友達とキャッチボールをしていた。 何故か妹が僕の後をついてきて、自分はブランコに乗る。 突然友…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『どろろ2』(前編)(どろろ二次創作小説)連載第四回

いつまでも、こんな日が続くと思っていた。 かわいい咲幸と俺、弟の多宝。 だが。 ある日突然、その日は訪れた。 前世での初恋の相手・澪(みお)が、目の前に現れたのだ。 ある夏休みの、3人で映画を見ていた時のこと。 俺は21、多宝は19、咲幸は14だった。 慌てた。 とにかく今の状況を知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近所の人に、写メ、頼まれました(笑)

いえ。近所の70代のご夫妻がですね。 今、ケータイにはまってて。 最近の様子では、写メデビューを果たしました。 褒めてやりたいところですよ。 ウチの親は買おうともしないもん。 んで、昨日外を歩いていたら、 「●○ちゃん、ウチの花、写メってよ」 ・・・・・・・・・。 それがどうやら、私の腕前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リーゼロッテのしたじき

ふろく画像 『リーゼロッテと魔女の森』のふろくしたじき。 超可愛いw リーゼロッテは、やはり性格がよい!www 今後も、ぜひ付録の可愛いのを出していただきたい。 (それにしても何?次号のお風呂ポスターって) (受容性あるのか!?) (謎だわ)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『どろろ2』(前編)(どろろ二次創作小説)連載第三回

俺は小6だったけど、保育園の送り迎えもした。 多少、困惑もしたが、風呂にだって入れてやっている。 親父化した気分だ。とでもいおうか。 どろろ…現在の名前は咲幸(さゆき)という。俺が名付けた。 けれど、本当の親兄弟であるように接している。 咲幸は知らない。 自分だけが血のつながりを持たな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

学園天国♪(なに?しらない???)

今日は大学へ用事があっていってきました。 昼に学食を食べる。 券売機が壊れていて、どーしたものかと思っていたら、 現役学生はどうにかしている様子。 勇気を出して声をかけてみた。 ら、なんかため口で返された。(え。何。私、若く見えた?)← かきあげうどん 294円 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ついにロイヤルマイスターになれました! 『とんがりボウシと魔法のお店』

半年以上続けて、ようやくロイヤルマイスター。 感慨もひとしおです お知らせ看板は、ほんの少し映るだけだから、 だめかも~><っておもってたら、 撮れちゃいましたwww イヤ、あわてて撮ったから、写りが悪いんですが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

何かが生まれた。 『とんがりボウシと魔法のお店』

ホムンクルスのおまじないを、キノコにかけていたら、 ホムンクルスが生まれたらしい。(よくわからん) きむらことりはふしぎなものを、たすけた。だって。 このホムンクルス(仮)、『ドコイク?』って聞いてきて。 ついてくるんよ。どこまでも。 でも、お店には入れないみたいで、いなくなっちゃっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『どろろ2』(前編)(どろろ二次創作小説) 連載第二回

はじめて、自分の本物の声で叫んだ名前は、 『どろろ』だった。 はじめて、自分の本物の耳で聞いた声は、 『どろろの声』だった。 はじめて、自分の本物の目で見た人間…… それも、どろろだった。 だからなのか。 目の前で眠る女の子がこんなにもいとおしく思えてしまうのは。 2011年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王家秘伝のレシピではなかった!? 『とんがりボウシと魔法のお店』

スープが完成した。 なんとピンク色。 こーんなかわいいキッチンで作ったのよん。 さて。いよいよ王様の試食。 でも、残念ながら、『王家秘伝のレシピではないようだな』って。 とはいえ、『美味しい』って食べてくれて。 報酬として、10000リッチもらえました~^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

王家秘伝のスープ作り開始! 『とんがりボウシと魔法のお店』

昨日突然ふしぎ時間がやってきた。 『しゃちほこを釣らなくては!!!』 きむらことりは燃えていた。 だが、なかなか釣れない。 やっぱり海なのかなぁ。 そして海で釣りあげたもの。 かまぼこ。 (あり得ない…) うに。(食べられる状態になっている) そして、うみぼうず。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

法政通信日文女子の日記 こんどこそ終わりにしたい日本史

日本史のレポートが、昨日書き終わった。 自分でも、前回は、意味を理解していないのに 書いて出しちゃったのが敗因だと思う。 でも今回は、歴史の背景もちゃんと理解しながら 書けたので、 やはり再提出になってよかったと思う。 で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

法政通信日文女子の日記 日本史のレポート再提出課題に着手

日本史のレポートが再提出になったのは、 およそ一カ月前のこと。 やっと、昨日、一問だけ仕上げました。 先生から注意されたところは、直したつもりです。 秘密兵器は、こちら 教科書、参考文献、参考書。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の夕飯の餃子。師匠(母)は偉大なり。

昨日の夕飯の主なおかずは餃子でした。 木村は、餃子を作るのは好きなので、いつも母と作ります。 ウチは、本を見ません。 全部、母の頭の中に入っているのです。 それだけなら私も今頃は一人で作れるでしょう。 うちの母の場合は。 ●●○どれくらいいれるの? 『テキトーよ。』 ジャボジャボ ●…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。『とんがりボウシと魔法のお店』

お店に行くと、バイトねこが走り寄ってきた。 「実は…今日はまだ売り上げが無いのにゃ。 でもまだこれからなのにゃ。頑張るのにゃ。」 (嘘だろ…???売上ゼロ???) 私は、焦った。 そうだ!新商品を作ろう。 アブラカダブラ号に買い出しへ。 さあ、商品を作るぞー!と、気合を入れて、 店のド…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高屋奈月『星は歌う』の次は『リーぜロッテと魔女の森』連載開始。

私個人としては、星は歌うの沙己×聖で 新連載をやってほしかったのですが、 大人の事情もあるでしょう。 ファンタジーですよ!ファンタジー。 『リーぜロッテと魔女の森』 まず、第一話目だけでは、話の筋がわからない。 物語の世界観すらも謎のまま。 リーぜロッテが何者なのかもわからない。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイブーム・少女漫画『なみだうさぎ』

画像 今号が、表紙で、巻頭カラーで、ふろくも 『なみだうさぎ』であることをつい最近知って、ギリギリゲット。 本屋さん2件目です。まだましな方だ。 ふろくはこちら。 2way パスケースだそうです。www 今のところ使い道ないけどね。><。イタタタタ。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

とんがりボウシと魔法のお店 王家秘伝のレシピ、スープ作り。

なんでも、まず食材として、 ふしぎ魚であるしゃちほこをつかい、 調味料として、てんしのひやくを加え、 たからさがしのまほうをかけ3日間、 じっくり煮込むことでできるらしい。 きむらことりは、虫や魚をたくさ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

実は…ごにょごにょ…ソフトクリームも食べてきた><!

自分学校に何しに来たんだろう…とおもいつつ、 なんか、自分で作らされた。 ソフトクリーム(杏仁豆腐味) きむらことりがつくると、こんなだ! は…初めてだったんだもん。 次はこんなにならないもん。 (え。次も食べる気?) (いや。次こそはクレープを食す気)
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

学食へ行ってきました。

正確には、教科書を買いに行って、 そのままおなかがすいたから食べてきたって感じです。 『プチドッグセット』(400円) プチドッグ2個と、ジュース(紙コップだけどやたら大きい) ポテト沢山(マックのより多い)、線キャベツ山盛り(何事かと思った) 唐揚げ1個……これで400円は、安いと思う。{%グットハートhde…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

吐息と生クリームでしか、絵の上達(?)日記はお見せしないことにしました。

2重に描くのもあれですし。 意味ないし。 『吐息と生クリーム』ですが。 正式名称を変更しました。 『吐息と生クリーム~strawberry on the shortcake~』 (長っっ) ショートケーキの上に乗っかったイチゴ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

よ…ようやく4つ星マイスターに昇格~!!!^^☆☆☆☆

4つ星マイスターに昇格です! 『とんがりボウシと魔法のお店』、 長かった~><。 まだまだだね。 その頃もう一人の私(て言うか千鶴編集長)は 魚釣りに励んでいた。 王家秘伝のスープを作るのに、 しゃちほこが必要だから。 でも、普通の魚ばかり釣れるのよね。 洞窟では、コイが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リラックマに夢中

リラックマのために、ローソンへ通いまくる木村さん。 さて。今回は、普通に、ストラップが売っていたので購入。 ふつうでないのは、中に全5種類の内の どれが入っているかわからないこと。 なんと! 一番欲しかったものをいきなりゲット!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more