テーマ:星は歌う

『どうしようもない僕に天使が降りてきた』(星は歌う二次創作ss)

体中がずきずきと痛む。 ここは…どこだろう… ふかふかのベッド、とまではいかないが、 今までの生活と較べりゃ月とすっぽん。 こっちの方が断然、いい。 ……?誰かが近付いてくる? 『ってぇ!』 起き上がろうとしたが、起きれない。 苦痛に耐える自分をせせら笑う声が聞こえた。 「あんた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『14時46分』(星は歌う二次創作小説 沙己×聖)

突然だった。 家が、揺れた。 大きく揺れた。 震度5はあっただろうか。 テレビをつけて、だらだらと見ていた聖だが、 そのテレビも、唐突に、消えた。 食器棚が、揺れた。 中の皿が、見事にひび割れている。 もう、ここには足の踏み場もない。 (なのに・・・) (なんで、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『sweet』(星は歌う二次創作・沙己×聖)

沙己が嫌い。 沙己の本性が視えない。 沙己の気持ちが分からない。 両想いのはずなのに。 心にとげが刺さってる。 高校生の時のことだ。 私と久谷先生の恋を、さも応援するかのような発言の数々。 ……いいわ。 そこまで言うなら、久谷先生を本条の婿にする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ハジメテ』(星は歌う二次創作小説・沙己×聖)

「あー!暇。あー!退屈」 …とお嬢が言っていたので、自分、 人生を正直に生きることにしました!★ 「沙己…ここ、何…?」 「え。何って。モ○バーガーっスけど…?」 お嬢もついに!中学生になられたことですし、 たまにはこういった場所でお昼ってのもアリっスよね★ 「…いや。いい。…あんたの給…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『つぶやき』(星は歌う二次創作小説・沙己×聖)

お嬢が、一生の内に一度は家出を企てることくらい、 自分にとっちゃぁ、想定の範囲内だった。 『その時』その行動を阻止するのは、自分の使命である、と。 小5のお嬢に言われた一言が、このキズナのきっかけだった。 数年前のことを想い出す。 『ねぇ。 拾ってあげましょうか』 それは、いわゆる上から目線で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『すれ違い』(『星は歌う』二次創作・沙己×聖)

大貫さんに呼び出された理由は分かっている。 自分はいちいちお嬢に本心を見せすぎているが、他人からすれば 『異常』、もしくは『ロリコン』、『変態』であり… 10歳近く年の離れているお嬢に本気だと知れたら、もうここには 居られなくなるだろう。お嬢との『約束』も果たせなくなる。 自分はただの下っ端のお嬢付きだ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『成長』(『星は歌う』二次創作小説・沙己×聖)

初めてお会いしたお嬢は、まだ小5のガキでした。 自分はあの頃はろくでもない人生を送っていて、 そのせいでろくでもない親に捨てられて、 ろくでもない奴らと付き合って、 ろくでもない仕事して、失敗して、 『ろくでもない人間』として、また捨てられていて。 お嬢が拾ってくれたから…… お嬢が、人生、もう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『星は歌う』沙己×聖で二次創作やりたいです~

といっても、頭の悪い私には、たいしたものは書けないと 想うのですが。 やってみたいです。 取り敢えず、沙己さんを描いてみました。 (もともと絵描き人なので、こっちのが早い) 前々から、描いてみたかったのですが、 ジャンルに入れるつもりもなかったし、暇もなかったので。 でも、連載終わると、さみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more